美容外科看護師

美容外科看護師 > これからの美容外科看護師は電子カルテが必須!?

これからの美容外科看護師は電子カルテが必須!?

カルテといえば、患者さんのデータを紙に書き込んでファイリングすることが基本でした。 しかし最近は、電子カルテを積極的に導入している医療機関が増えてきています。 その理由は、電子カルテに移行することで、さまざまなメリットがあるからなのです。

まず、電子カルテはネットワークで簡単に共有することができます。 情報が共有できるということは、伝達漏れを防止することも可能ですし、何より会計処理がスピーディーに行えるようになるのです。

情報が共有されていることから紙の場合は紛失する恐れがありましたが、そのようなリスクも無くなります。 また、ファイリングする必要が無いので、スペースを確保する必要もなく、カルテを探すのも検索機能ですぐに見つけることができます。

紙の場合は、時間が経つと劣化してしまい、文字が読みにくくなることもありました。 電子カルテならどんなに時間が経っても、鮮明な画面で情報を見ることが可能ですし、必要になったら誰でもすぐに印刷ができます。 他にも電子カルテはさまざまなメリットがありますので、これからの看護師は電子カルテの使い方を身につけることが基本になると思います。

苦手でも構いませんが、基本的なパソコンスキルがあれば、電子カルテの操作はそんなに難しいものではないようです。 ある程度パソコンに慣れておく必要がありますが、専門的なパソコンスキルを必要とするわけではないので、最低限の操作ができるくらいにはなっておいた方が良いでしょう。

パソコンの操作を普段からしている人ならば、電子カルテを導入している医療機関での転職が有利になります。 また、電子カルテ導入の医療機関で経験を積むことで、次の仕事へとつながりやすくなります。 まだ電子カルテを導入していない施設でも、時代の流れとともにいずれはほぼ100%の医療機関が電子カルテを導入するかもしれません。

その時のためにも、今から電子カルテの操作には慣れておいたほうが良いでしょう。 看護師とカルテは切っても切れないですし、カルテを扱うのは基本中の基本ですので、パソコンが苦手な人でも挑戦してみるべきだと思います。


介護施設や老人ホームの看護師は大変?

介護施設や老人ホームに向いている看護師は、やはり高齢者の方と接することが好きな人です。 対象となる高齢者と接するのが苦手という人は向いていません。 また、将来親の介護をしたいなど介護の知識を身に着けたい人には、良い経験になると思います。 では、介護施設にはどのような施設があるのでしょうか?

まずは介護老人保健施設です。 介護老人保健施設の場合は、医師と看護師が24時間体制で常勤していることが義務付けられています。 そのため基本的には夜勤が必須なので、夜勤があっても平気な人なら問題無いでしょう。

次に介護老人福祉施設です。 こちらは特別養護老人ホームなどが該当します。 夜勤のない施設もありますが、24時間呼び出されたら出勤するといったオンコール体制の施設も多いようです。

そして、有料老人ホームですが、こちらは民間企業となるため、施設によって勤務体系はバラバラです。 夜勤のある施設もありますし、夜勤もオンコールもない施設もあります。 また、看護師としての勤務には変わりませんが、介護職の人と同じように介護の仕事がメインになってしまう施設もあります。

ただ、パートやアルバイトも多く、シフトに融通の効く施設もあるため子育て中の看護師にもおすすめの職場です。 介護の経験も積めますし、体調が急変した人が出たという、緊急の事態がない限りは、定時できっちり帰れる施設が多いです。 そして、看護師だけでなく介護に携わる職の人も多く勤務しているので、自分の視野が広がると思います。

しかし、確かに介護に関しての知識は身につけられますし、それは将来役に立つ知識だと思いますが、看護師としてのスキルを上げたいのならば、介護施設は向かないでしょう。 また、介護施設で勤務している看護師の数は、まだそんなに多いとはいえません。

オンコール制の場合は、いつ呼び出されてもいいように待機しなくてはなりませんし、負担もかなり大きくなってしまいます。 ただ、勤務体系についてや、業務内容は施設によって、本当にさまざまですので事前のリサーチがとても大切になります。

事前のリサーチには、是非コーディネーターが設置されている転職支援サービスを利用してみてください。 情報収集から履歴書の書き方や、求人紹介まで、転職に関してのサポートをしてくれるので、一人で転職活動するよりも順調に進むと思いますよ!